2019年3月2日土曜日

CushCore はインストールが大変だけどやり方はある

タイヤインサートをいくつか試していて、最難関と言われる CushCore にも挑戦してみた。

公式手順に従ってやってみたが、自分には合わないやり方で、リムもタイヤも大分傷んでしまった。

最後に試したのがこれ。

私なりのCUSHCOREの取付方法

タスサイクル殿が公開している記事で、要約すると以下の通り。

  1. インサートなしでタイヤをはめ、空気を充填してビードを上げる
  2. 片側だけビードを外し、CushCore をリムにはめる
  3. 再度ビードをはめ直す
1 が出来るタイヤだとこの手順は効果的。ビードをはめる際にはタイヤレバーは不要。先日、タイヤインサートなしで Nobby Nic 2.6in のビード上げに悪戦苦闘して諦めた経緯があって、そうすると 1 で躓いてコレデオシマイになりそうな不安はあるが。

と思ったが、チューブ入れてビード上げる、片側だけ外してチューブ抜く、から2につなげればOKだった。

ちなみに、作業前の折りクセ取りとうはやってない。紙のスリーブを外して円形にし、そのまま作業開始。引っ張って伸ばすとか、そういうことをするとリムへの密着度が下がる(気がする)んでやらない。やらなくてもリムへセットすることは可能だし。

後日、この「タスサイクル・メソッド」を用い、内幅30mmリムと2.6inタイヤの組み合わせで CushCore をインストール、所要時間10分程度だった。タイヤレバーを使わないからリムにもタイヤにも優しい、そして確実で速い。