2019年2月11日月曜日

プロが、メーカーや規格に責任転嫁して、自分の想像力・技術不足を棚上げ

ロード/CXにスルーアクスルが導入されて少し経つが、規格はどうなってんだろ?MTBは規格が多いので少々面倒だけど、ロードはまだそれほどでもないかな?
フロントは脱着速度の向上を狙った "Speed Release" てのを Mavic が出しているし、色々ありそう。

MTBだと、Fatbike を除くと、フロントは 15x100/15x110/20x110/20x110Boostがある。15x100 については、RockShox が 15x110 の剛性向上のために Torque Caps を採用(こんなことするくらいなら、20x110 Boostで十分)。リアは 12x142/12x148/12x150/12x157 が多数、一部メーカーが Super Boost Plus 157 を採用(DH 12x157 のフランジ間隔拡張版)。
[2019.02.14 ]
Torque Caps は通常のハブで使用不可、という部分を訂正。コメントくださった方、ありがとうございます。

さらに、スレッドピッチは 1.0mm/1.5mm/1.75mm の3種類はあって(それ以上あるかも知れない、未調査)、同じ規格であってもスレッドピッチが異なると取り付け不可。
ちなみに、RockShox Maxle の場合はフロントが1.5mm、リアが1.75mm。Stanton Bikes Switch9er Ti や、BTR Fabrications Ranger のリアは 1.75mm なので、Maxle が使える。ただし、年式によってリアエンドの厚みが異なる可能性があり、Switch9er Ti の MY2018 と Ranger の MY2013(トップ/ダウンの補強がきしめんのフレーム)なら、180mmのMaxle Ultimate が適合した。

アクスルは、フロントはフォーク、リアはフレームに付属するものを使用するんだけど、ロード/CXの場合はフォークもフレームの付属品で買うことが多いだろうから、フロントアクスルのスレッドピッチは完成車/フレームメーカーの独自規格になりそうだけど、多分1.0mm/1.5mm 以外は出ない気がする。

規格は色々あるが、QRより高い固定力と精度を持つのがスルーアクスルの利点なので、走行中にずれるなんてことがあれば、それは整備不良か製品の個体差(=不良品)の可能性が高いので、スルーアクスルという構造自体の問題ではない。スルーアクスルの構造に欠陥があるのなら、激しい衝撃を受け続けるMTBでは使用することが出来ない。