2014年2月1日土曜日

クランクアームが曲がっているそうです(事実、曲がっていました)

昨晩はなかなか寝付けないまま今朝を迎え、2時間ほどの睡眠でナタジゴさん・ヨシ課長に遊んで頂くべく、いつものところへ。現地は東京と都内と比較するとやはり一段寒く、じっとしていると震えが来るくらいだったが、最後までダウンベストを着込むこともなかった。

走った区域はいつものところなのだが、初めてのルートが2本、これがなかなか面白くて良かった。登りは無理せず押し上げて、しゃべっては走るのペースが絶妙で、こんな感じならまだもう1本くらい行けそうだったが、ナタジゴさん・ヨシ課長のご都合があり、また、私の腹具合が昨朝から思わしくなく、尻穴を気にしながらこれ以上走り続けるのは無理であった。


道中出会った鉄フレームのお二人も気の良い方々で、本日の締めまでご同行頂いた。

そこで指摘された「クランクアームの曲がり」は実際のところどうなのかよく分からなかった。
後日、実際に曲がっていることを確認
チェーンステーとの隙間は、確かに853の時と比較して狭くなっている。これはTiで設計が変わり、太めのタイヤにも対応したためと思われるので問題ないはず。しかし、踏み込んで違和感があるのであれば、これを機会に交換してみることにした。

FC-M785 をさっそく注文。どうせシングルで使うのでダブルでOK。Zee ならチェーンリングなしも選べたが、クランクアームはXT以上と決めているのであえて785。ブラックが欲しかったのに間違えてシルバーを注文したので変更依頼中。

785はQファクターが180mmだそうで、これは770と同じなのかな?広くなると自転車を出し入れする際に壁に引っかけたりしないか心配だ。
新しいクランク、チェーンリングは30Tに交換済み
そして足が臭い。今日一日でかなりの汗をかいたためか、雑菌がだいぶ繁殖したようである。


それにしても、中年が低山をゆるく走る程度では、26インチHTで十分楽しい。チューブレスで圧を下げればグリップもなかなかのものだし、大径化による重量増もない(タイヤに限れば、Conti RQ2.4 は1150gもあるのだが)。この調子だと、自転車より自分の方が先にだめになりそうである。

0 件のコメント:

コメントを投稿